ブログトップ

初夏のロゼワインとチーズ

a0082693_0315735.jpg
梅雨明けが待ち遠しい季節、ロゼワインに合わせるチーズです069.gif  
a0082693_0264944.jpg
フランスでは、特に人気のロゼ・・・この季節は氷を入れたりして、気軽に楽しまれるロゼも、種類は豊富・・・プロヴァンス地方のワイン生産は、8割がロゼということ069.gif069.gif  今日は、3種類のロゼ072.gif  チーズは、吉田牧場のラクレット、とても優しい味わいの穏やかなチーズで、今日は炙らずにそのままいただきます060.gif  
a0082693_0254673.jpg
大粒で食感も面白い
a0082693_0255584.jpg
このマスタード、おススメ
a0082693_026372.jpg
タスマニア産の大粒のマスタードを添えて・・・このマスタード、サーモンは勿論、そのままでもワインに合う優れもの!  
a0082693_0261936.jpg
ゴルゴンゾーラ・ドルチェは、青かびが優しく、クリーミーで、ピカンテと比べ生産量も圧倒的に多い。 
a0082693_0263244.jpg
合わせるロゼは、ロワール地方のピノ・ムニエから作られた Cros Saint Fiacre・・・軽い泡のチャーミングな味わい
a0082693_0272137.jpg
   そして、ブルゴーニュのピノ・ノアールの、2008 Bourgogne Rose は、熟成して、淡いオレンジかかったロゼ、ピリッとした酸味が素晴らしく、落ち着いた味わいの逸品です069.gif  
a0082693_0274524.jpg
コルシカ産のハーブをまぶした、ブラン・デュ・マキは、羊乳、セミ・ハードタイプで、ローズマリー、フェンネル、サリエット(クコの実), ジュスパー・ベリー(ネズノ実・・・ジンの香り付けの)などがびっしりとまぶされています027.gif 
a0082693_0283529.jpg
 中は白くて癖のない穏やかな味。 フランス人の好きなチーズなのですね039.gif 
a0082693_0285448.jpg
そして、ロックフォール近郊の ベライユ・デ・カバス は、生羊乳、白い自然の表皮に、薄く覆われたチーズ、香りが羊です・・・
a0082693_029925.jpg
ケモノ臭というか、少しクセのある香りで、好みが分かれるところ・・・10年ほど前から、AOC申請中だとか、しっかりとしたタイプのワインが合うようです。 
a0082693_029296.jpg
NZの 2010 ATA RANGI Summer Rose069.gif  ニューワールドのしっかりと果実味を感じる、力強いロゼです004.gif  
a0082693_0294625.jpg
それにしても、なんて綺麗なバラ色でしょう、3種類並べると、華やかそのもの! パーティーにぴったりですよね053.gif
a0082693_03086.jpg
キャップも素敵なデザイン、集めてる方も多いとか・・・
a0082693_0301565.jpg
今日のロゼたち・・・やはり空だと写真としては、サミシイね~037.gif
[PR]
by caroling | 2013-06-30 00:42 | ワイン&チーズ