ブログトップ

シュナンブランとチーズ

a0082693_1624462.jpg
夏のチーズといえば山羊・・・くせのある山羊ですが、合わせるワインを間違えなければ、あの独特の香りも和らぎ、爽やかな夏の組み合わせとなるようで・・・038.gif  フレッシュな山羊のミルクは秋までのもの、やっぱり多少の苦手意識のある方も、山羊さんチーズは、夏にぜひ試してほしいものです010.gif   今回のテーマ・ワインはシュナンブラン・・・甘口から辛口まで ロワール川流域を中心に産地が広がります069.gif  
a0082693_162430100.jpg
チーズ、まずはブリア・サヴァラン ブルゴーニュ地方のやさしい白カビタイプ・・・
a0082693_1624583.jpg
高脂肪でミルキーなチーズです072.gif ブリオッシュと一緒に049.gif 
a0082693_16265444.jpg
合わせるワインは、ロワールのシュナンブラン 2005 ヴーヴレー ペティアン コクがあって後味に酸味がずっと残るワインです069.gif  
a0082693_1625134.jpg
そして山羊はAOC ヴァランセ フレッシュタイプと、ドゥミ・セックタイプを比べてみます・・・
a0082693_10513960.jpg
カロテンが少ない山羊のミルクは、チーズにしても真っ白037.gif  フレッシュタイプが香りも強い・・・シュナンブランのはちみつ レモンの香りで、とっても合います060.gif  
a0082693_1626543.jpg
ローヌ・アルプ地方の AOC ボーフォール・エテ  ハードタイプ  お漬物のような香り、 ミルクの旨みが感じられ、コックリとして素朴  これには先ほどのワインより、 南アフリカのシュナンブラン Mullineux のふくよかなタイプがいいみたい029.gif  南アは白はシュナンブランが相当いいみたいですう071.gif  
a0082693_16263597.jpg
そして、お馴染み、ブルゴーニュ地方の スーマントラン ウオッシュタイプ、とろとろの熟成した状態  なっとうのような香り、 比較的穏やかなウオッシュです017.gif  真ん中の白い芯の部分が多く残ってるのはおいしくないとか・・・037.gif これには ロワールのシュナンブラン  2010 サヴニエール ドゥミ セックでどうでしょうか069.gif  
a0082693_16355443.jpg
まったりとした、アルコール度14,5の、限りなくドライで、ゴムやセメダインの香り・・・このワインとヴァランセの山羊は、やや苦みが残る・・・でもわたしは好き・・・まったくチーズとワインの相性ってのは、レシピ通りでもないみたいで・・・037.gif  
a0082693_16331275.jpg
そこで 1998  Chateau Coutet 貴腐ワインの登場・・・
a0082693_16332789.jpg
スーマントランと合わせる…何とも幸せな時間です003.gif
a0082693_16341698.jpg

[PR]
by caroling | 2013-07-14 16:39 | ワイン&チーズ