ブログトップ

RIOJA

スペイン・ワイン・・リオハの赤です069.gif  マドリッドの北、リオハの赤ワインと言えば、スペインを代表するワイン、極上のリオハのテイスティングです060.gif   フレンチ・オークの小樽で熟成された、ブレンドタイプのワイン、最近やっとスペイン・ワインの流通環境が良くなったということで、とーってもいい状態のワインが出回ってきたとか・・・037.gif  今流行りのスペイン・バルなどで出される、グラス・ワインなんかは、このレベルではないみたいですけれど027.gif  
a0082693_2291343.jpg
よく言われてるアメリカン・オークの樽・・・、カシの木ではなく、ナラの木の樽でじっくりと熟成され、主にテンプラニーリョが主体の、どっしりと濃厚なワインというのが特徴003.gif  
a0082693_2273011.jpg
さて、まずは、紫かかった濃い赤、カシスや、熟したバナナの香り・・あと甘い苺ジャムのよう・・やわらかな酸味と、喉に抜けるタンニンの渋みが複雑な、まるで、フランス・ワインのような感じもします。  とーってもまろやかで、美味しい!!  この造り手は、ボルドーのシャトーのように、自社の畑のみから生産するという027.gif
a0082693_2284549.jpg
お次は、同じく紫かかった赤、ケミカルな香りや、スモーキーな木樽、醤油の香りも・・・オレンジのような酸味、タンニンがしっかりとして、コーヒーや、ダークチョコ、余韻が長いタイプ・・・この造り手は、今スペインでナンバー1とも言われてるそう038.gif  5~10年寝かせるともっと素晴らしいワインになるという、すごいね~049.gif  そして、目玉ワイン!  茶褐色の見た目にも長い熟成期間がわかる1杯・・・お漬物や、味噌、トースト、腐葉土・・・何とも複雑な香りで、さらりとした喉越しと、熟成した甘味、まろやかで、深い味わい・・・これは、1962 ロイヤル・テート・ド・キュヴェ・コセーチャ・・50年越しのスペインの歴史を感じる逸品であります066.gif 興奮とほろ酔いで、写真を撮り忘れ・・・012.gif 先生秘蔵の1本、こういったのが出てくるから、もう、やめられないんだよね~041.gif041.gif  
a0082693_2294089.jpg
チーズは、オーヴェルニュのチーズ ガプロン 癖のない、クリーミーな、白カビタイプ071.gif  バターミルクの、優しいミルキーな味と、大蒜とペッパーの風味がワインを引きたてます003.gif 
a0082693_2295137.jpg
 もひとつ、スペイン、ムルシア地方の山羊のチーズ  ムルシア・アル・ヴィーノ   濃い赤ワインで表面を洗って、ほんのりワイン色に染まった表皮、山羊の癖は感じられない、旨みがじんわりとワインと溶け合って・・もう完璧なスペイン・ワインの世界であります071.gif
[PR]
by caroling | 2013-10-16 22:14 | ワイン&チーズ