ブログトップ

オイスター

a0082693_2145284.jpg
Cちゃんから、恒例の牡蠣が届きました053.gif  赤穂の牡蠣は、絶品ですね~060.gif  生牡蠣の苦手な息子も、これはドンドンいけちゃうみたいです037.gif  ポン酢は、旭で・・・072.gif 
a0082693_2152480.jpg
 Mちゃんに頂いたこのワインと、噂のチリ・ワインで、今夜は盛り上がるのであります069.gif069.gif  Grazie mille049.gif



今季のチーズ・レッスン・・・ペコリーノ   イタリアを代表するチーズと言えば、ペコリーノ   基本的には、セミ・ハード~ハード・タイプの羊乳チーズですが、珍しい、ソフトタイプの、 ペコリーノ サルド フレスコを試食・・・
a0082693_2210306.jpg
特に癖のない、あっさりした味です060.gif  生ハムと一緒に頂きます069.gif  
a0082693_22105124.jpg
6か月熟成の ペコリーノ・トスカノ スタジオナート オーロ アンティコ・・・ミルキーでとーっても美味しい! 今までのペコリーノの印象が変わってしまいます005.gif 
a0082693_2211569.jpg
 もっとも塩分の多い、ペコリーノ ロマーノは、お馴染みのハードタイプで、お料理、特にカルボナーラに使われるもの。 
a0082693_22112460.jpg
黒胡椒入りの、ペコリーノ コン ペーペは、赤ワインに合います069.gif 
a0082693_22113822.jpg
 ピエモンテのカステルマーニヨ  90日熟成は、牛乳 セミハードタイプ  ポロポロと崩れる、イギリスのチェダーチーズの製法で造られています027.gif  優しい味わいで、ドライ・フルーツなどを添えるといいそう072.gif 
a0082693_22123563.jpg
 合わせるワインは、ヴェルデッキオ・ディ・カステロ  先生おススメの、スッキリとした白で、日本料理にも合わせやすいタイプ
038.gif  
a0082693_22125154.jpg
2008 モンタルチーノ・ダブルッツォは、どのタイプにも合いますね049.gif  
a0082693_22125957.jpg
もう一本、 Vin Santo del Chianti Classico これは、キリストの瞑想のワインと言われるそうで、甘さのある、マデラ酒や、紹興酒を思わせる香りと、16度のアルコール度の高さ023.gif  塩味の強いペコリーノが合うようです038.gif   単品で頂く機会は少ないペコリーノ、貴重な体験といったところでしょうか072.gif  やっぱり、イタリアは奥深いな~060.gif060.gif
[PR]
by caroling | 2013-12-30 22:16 | Mi Piace